「ウルトラマン」自販機、ウルトラマンショーに家族連れの行列...関越道高坂SA

自動車 ビジネス 企業動向
高速道路イベントとしては異色の「ウルトラマンショー」には、約200人の親子連れが集まった(27日・東松山市)
  • 高速道路イベントとしては異色の「ウルトラマンショー」には、約200人の親子連れが集まった(27日・東松山市)
  • GW初日、家族連れ行列を作った関越道高坂SA下り「ウルトラマン」自販機(27日・東松山市)
  • サービスエリア特設会場で開催された「ウルトラマンショー」
  • 全国に先駆けて東日本高速高坂SAで発売された「ウルトラシュワッチ・サイダー」(各150円)
ゴールデンウィーク初日の4月27日、高速道路各地のSA・PAにも多くの利用者が訪れている。中でも、関越道高坂SA上下線では、10時から販売を開始する「ウルトラマン」「ウルトラマン・ゼロ」の自動販売機の前に、小さな子供を連れた家族連れが長い行列を作った。

お目当ては、「ウルトラマン」(下り線)「ウルトラマン・ゼロ」(上り線)に入ったウルトラマン「ウルトラシュワッチ・サイダー」(150円)。プレーンなサイダー味だが、アルミ缶がウルトラマンとウルトラマンゼロに彩られている。27日に発売されたばかりで、この自販機で先行発売されている。

4台の自販機の中央にはウルトラマンとウルトラマン・ゼロが配置されている。自販機とその背景は、ウルトラマンが登場する都会のビル群のようだ。硬貨を投入すると、「シュワッチ!」など、おなじみの効果音や決めセリフが流れ、カラータイマーが点滅する。

当日は、1時間ほど前から人が集まり始め、先着100人にウルトラマンの金色の指人形がプレゼントされたが、それも1時間と経過しないうちになくなり、SAの特設会場のウルトラマン・ショーにも午前中だけで約200人の利用者が観覧に訪れた。

SA・PAを運営する東日本高速会社グループのネクセリア東日本では「大人から子供まで幅広い支持を受けたウルトラマン。かっこよさと正義感が、我々の経営方針である安心と感動に繋がる」と、ウルトラマンの起用を決めた。

自販機の飲料水の多くは、通常販売のコーヒーやお茶だが、今後は「ウルトラシュワッチ・サイダー」のフレーバーを増やす。また、東日本管内の高速道路上下8か所程度に、高坂SAとは違ったウルトラマンファミリーを設置していく予定だ。

ネクセリア東日本が、こうしたキャラクター自販機に力を注ぐ理由の一つは、伸び悩む販売の向上にある。同社全体の3月の売上高は約120億円。前年比で5.6%減だった。自販機の売上は全体の2割を占める。景気だけでなく、天候に左右されやすい反面、販売促進では即効性が見込める。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

  • 関越道・高坂SAに「ウルトラマン・ウルトラマンゼロ」自販機が登場…高速道路初 画像 関越道・高坂SAに「ウルトラマン・ウルトラマンゼロ」自販機が登場…高速道路初
  • バルタン星人とシルヴィ・バルタンがコラボ 画像 バルタン星人とシルヴィ・バルタンがコラボ
  • 7月10日はウルトラマンの日 画像 7月10日はウルトラマンの日
  • 世田谷区がウルトラマンに謝罪、駅前不法占有は事務処理ミス 画像 世田谷区がウルトラマンに謝罪、駅前不法占有は事務処理ミス

特集