東武鉄道、10000系車両の野田線デビュー記念乗車券を発売…20日から

鉄道 エンタメ・イベント
10000系車両 野田線デビュー記念乗車券・表面
  • 10000系車両 野田線デビュー記念乗車券・表面
  • 10000系車両 野田線デビュー記念乗車券・裏面
  • 現在の10000系車両カラーリング
  • 導入予定の60000系車両
東武鉄道は、20日より「10000系車両 野田線デビュー記念乗車券」を、東武本線の主要駅、東武博物館および東武グループツーリストプラザで発売する。

今回の記念乗車券は、野田市駅から大人350円区間の片道乗車券、西新井駅から小児150円区間の片道乗車券が2枚セット500円で発売する。台紙の表面には車体カラーリングを一新した10000系車両と、裏面には10000系車両の紹介とこれまでの雄姿をデザインしている。有効期限は5月21日までの1回限り。

これまで8000系車両の運行で統一していた野田線に、10000系車両が入るのは初めてとなる。車体カラーリングも野田線に6月頃に導入予定の新型車両「60000系」に準じ、東武グループロゴマークのカラーである青(フューチャーブルー)と、視認性の高い緑(ブライトグリーン)を帯状に配し、沿線の自然環境をイメージしたものに変更している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集