【東京モーターサイクルショー13】モダンで斬新なアメリカン…ヴィクトリー日本上陸

モーターサイクル エンタメ・イベント

モダンテイストで仕上げたアメリカンバイク、ヴィクトリーが日本上陸
  • モダンテイストで仕上げたアメリカンバイク、ヴィクトリーが日本上陸
  • モダンテイストで仕上げたアメリカンバイク、ヴィクトリーが日本上陸
  • モダンテイストで仕上げたアメリカンバイク、ヴィクトリーが日本上陸
  • モダンテイストで仕上げたアメリカンバイク、ヴィクトリーが日本上陸
  • ヴィクトリーブランドの日本での正規販売代理店、ホワイトハウスの木村文夫代表取締役
  • 「ヴィクトリー」を製造するポラリス社モータサイクル事業部のSteve Menneto氏も来日
  • モダンテイストで仕上げたアメリカンバイク、ヴィクトリーが日本上陸
  • ポラリス社でアジア・パシフィック・ラテンアメリカを統括するMike Dougherty氏も来日し、日本市場への期待感を述べた
3月22日、東京モーターサイクルショー2013に、USAブランドの「VICTORY(ヴィクトリー)」が日本初出展。正規代理店のホワイトハウスが、日本1号店を東京・世田谷区に3月30日オープンすると発表した。

同会場でホワイトハウスの木村文夫代表取締役は「ヴィクトリーは、モダンで斬新なスタイルにパフォーマンス重視のアメリカンクルーザー、日本でのヴィクトリーファン拡大を図っていきたい」と、販売への意気込みを語った。また、「まず、東京・世田谷に日本一号店をオープンさせます。将来的には、東京・名古屋・大阪にも、ポラリス社と協議を進めながら展開していきたい」と話した。

ヴィクトリーブランドについて、同社の事業部長大久保紀光氏は「排気量で比較するとハーレーよりリーズナブルな設定になっています。インディアンの日本導入でもそうだったのですが、アメリカンスタイルの新しいチョイスとしてヴィクトリーを展開していきたい」との位置づけが語られた。

東京世田谷にオープンする「ヴィクトリー東京」には製品ランナップの全モデルを用意するという。なお、インディアン・モーターサイクルの販売を行う「インディアン東京」との併設となる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集