横浜ゴム、ADVAN NEOVA AD08R が全日本ジムカーナ選手権の開幕戦でデビューウィン

自動車 ビジネス 国内マーケット
横浜ゴム・ADVAN NEOVA AD08R
  • 横浜ゴム・ADVAN NEOVA AD08R
  • PN1クラス優勝のスズキスイフト(鵜飼洋一選手)
  • PN3クラス優勝のトヨタ86(森嶋昭時選手)
  • PN4クラス優勝の三菱ランサーエボリューションX(岡野博史選手)
横浜ゴムのストリートスポーツタイヤの新商品「ADVAN NEOVA AD08R」が、全日本ジムカーナ選手権開幕戦のPN1、PN3、PN4の3クラスでデビューウィンを飾った。

開幕戦は、3月9日・10日に鈴鹿サーキット南コースで開催。ADVAN NEOVA AD08Rはレース前日の3月8日から発売を開始した新商品で、初の実戦から優れた運動性能を証明した。

ジムカーナは舗装コースを1台ずつ走行してタイムを競う競技で、PNクラスは改造範囲が制限された車両が参加し、タイヤはストリートラジアルタイヤを装着する。

PN1クラスでは鵜飼洋一選手のスズキ『スイフト』が優勝、ダンディ赤城選手が5位入賞を果たした。PN3クラスでは森嶋昭時選手のトヨタ『86』が優勝、3位に稲木亨選手、4位に小川国大選手が入賞した。PN4クラスでは1位から4位までをADVAN NEOVA AD08R装着車が独占。岡野博史選手の三菱『ランサーエボリューションX』が優勝し、2位に新井範正選手、3位に遠藤康浩選手、4位に角岡隆志選手が続いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース