トヨタ、インド新工場で開所式典…エティオスのエンジン生産

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ・エティオス
  • トヨタ・エティオス
トヨタのインド部品製造子会社、トヨタ・キルロスカ・オートパーツ社は2月22日、インドのカルナタカ州バンガロール市に完成した新工場の開所式典を行った。

トヨタ・キルロスカ・オートパーツ社は、トヨタ自動車とキルロスカシステムズ社の合弁会社。バンガロールの新工場はすでに稼働しており、2012年8月からエンジン、2013年1月からトランスミッションを組み立てている。

新工場建設の投資額は、50億ルピー(約85億円)。年産能力は、エンジンが10万8000基、トランスミッションが24万基。500名以上の雇用も創出された。

新工場で組み立てられたエンジンとトランスミッションは、トヨタの新興国向け戦略車として、インドで生産中の『エティオス』に搭載。他には、SUVの『フォーチュナー』やミニバンの『イノーバ』にも採用される。

トヨタ・キルロスカ・モーターのVikram Kirloskar副会長は、「トヨタの世界成長戦略において、インド事業が重要な役割を担う」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ジャガー、インドで初の現地生産… XF がラインオフ 画像 ジャガー、インドで初の現地生産… XF がラインオフ
  • メルセデスベンツ、インド工場に追加投資…Mクラス 現地生産へ 画像 メルセデスベンツ、インド工場に追加投資…Mクラス 現地生産へ
  • スズキ鈴木副社長、インド工場「雨降って地固まる。良い傾向」 画像 スズキ鈴木副社長、インド工場「雨降って地固まる。良い傾向」
  • ダイムラー、インドにメルセデスベンツの新研究開発センター開設 画像 ダイムラー、インドにメルセデスベンツの新研究開発センター開設

特集