トルコの茶畑を訪ねて (9) イスタンブール アジア側ハレムカラジュも

ハレムカラジュアヤソフィアから海へ向かって歩いて行く。昨日使ったトラ…

エマージング・マーケット 中東・アフリカ
ハレムカラジュ


アヤソフィアから海へ向かって歩いて行く。昨日使ったトラムに沿って歩くと迷わない。途中で携帯のシムカードに料金を追加。携帯屋に入ったが、ネットカフェに連れて行かれ、無事入金。面白いし、皆親切だ。


ヨーロッパ側の港へ到着。ここからアジア側へ渡る。ハレムカラジュが目的地だ。何故ハレムカラジュか、それは「深夜特急」で沢木耕太郎がこのフェリーに乗ったから。そして美味そうにサバサンドを食べていたからだ。フェリー代は3リラ。


結構大きな船。車も運ぶようだ。2階へ上がり、キョロキョロすると、売店があったが、残念ながらサバサンドは売っていない。仕方なくパンとチャイを注文。潮風に吹かれながら気分を出そうとしたが、ちょっと違ったかな。


対岸まで15分程度だが、ボスポラス海峡の雄大な景色、きれいな風景が見られて満足。これでようやくアジアが少しは味わえるかと思ったが、うーん。対岸、アジア側もアジアとは名ばかりで、やはりヨーロッパの雰囲気。ターミナルから高台へ上がってみたが、石畳の街並みはヨーロッパ。そして何故か、アコーディオン弾きが登場し、誰もいない住宅街で悲しい音色を響かせる。


ターミナルへ戻り、バスのチケット売り場を覗く。当然ここからバスに乗ってみたくなる。沢木はアンカラからここへバスで辿り着いたのだ。バス会社は沢山あったが、「カッパドキ」行きを見付けるのに苦労した。チケットは65リラ。明日夜9時にここに来い、ここから別のバスターミナルへ行き10時過ぎに出発、翌朝8時カッパドキア着だ、と乱暴にわれるが、言葉があまり通じないので取り敢えず押されて買う。後にホテルで聞くと、ホテルで買えばホテルまで迎えに来てくれたのに、と残念そうに言うが仕方がない。


そして特にすることも無くなり、ハレムカラジュを離れる。元来たフェリーで戻る。何となく寂しいアジア散歩となる。

《須賀 努》

編集部おすすめのニュース

  • トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール 画像 トルコの茶畑を訪ねて (1) 飛んでイスタンブール
  • 三井造船、トルコでターミナル向けコンテナクレーンを受注 画像 三井造船、トルコでターミナル向けコンテナクレーンを受注
  • 三菱電機、トルコに現地法人を設立、FA事業や人工衛星・鉄道車両用電機品事業などを強化 画像 三菱電機、トルコに現地法人を設立、FA事業や人工衛星・鉄道車両用電機品事業などを強化
  • 懐かしのミャンマーを行く(29) ガローの茶畑は今 画像 懐かしのミャンマーを行く(29) ガローの茶畑は今
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース