佐賀県、韓国LCCと佐賀~ソウル間の定期路線就航を目指すことで合意

航空 企業動向
佐賀県は、韓国の格安航空会社(LCC)のジンエアーと、有明佐賀空港と韓国・仁川国際空港(ソウル)を結ぶ定期航空路線の開設を目指すことで合意した。

佐賀県の古川知事が2月6日、韓国ソウル市のジンエアーを訪問し、マ・ウォン代表理事と面談した、有明佐賀空港と仁川国際空港を結ぶ定期路線を2013年夏頃から週3便で開設できるよう、相互に協力していくことで意見が一致、県と同社で意向書を取り交わした。

古川知事は「県民が気軽にソウルを訪問していただくとともに、より多くの韓国の人に佐賀を訪問してもらえるよう、ジンエアーの協力のもとに佐賀~ソウル(仁川)路線の開設に向けて準備を進める」とコメントした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 中国国際航空、7月11日からB777で北京~ヒューストン直行便を運航 画像 中国国際航空、7月11日からB777で北京~ヒューストン直行便を運航
  • ピーチ、仙台に進出、国際線は釜山線も開設 画像 ピーチ、仙台に進出、国際線は釜山線も開設
  • LCC利用者意識調査、最も認知度が高いのはピーチ 画像 LCC利用者意識調査、最も認知度が高いのはピーチ

特集