三菱自動車、国内生産・販売と輸出が2年連続マイナス…2012年実績

自動車 ビジネス 企業動向

三菱・ミラージュ(参考画像)
  • 三菱・ミラージュ(参考画像)
  • 三菱 デリカD:5
三菱自動車が発表した2012年の生産・国内販売・輸出実績によると、総生産台数は前年比4.2%増の110万9731台と、2年ぶりのプラスとなった。

国内生産は同4.6%減の51万5168台と、2年連続で前年を下回った。

国内販売は同4.8%減の14万0487台で、2年連続のマイナス。『ミラージュ』の純増分があったものの、『ekワゴン』などが不振だった。シェアは前年から1.0ポイントダウンの2.8%となった。

輸出は同16.4%減の36万6248台と、2年連続のマイナス。北米向けが同26.0%減、欧州向けが同11.5%減、アジア向けが同46.7%減と、主要マーケットで大きく数字を落とした。

海外生産は同28.8%増の54万4563台と、3年連続で前年を上回った。タイでの新型『ミラージュ』の生産開始に伴い、アジアが同51.1%増の49万6823台と、大きく数字を伸ばした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集