カンボジア、国内線に外国籍航空会社の参入認めず

エマージング・マーケット 東南アジア

カンボジア・アンコール航空の機体、ATR72
  • カンボジア・アンコール航空の機体、ATR72
政府は現地紙プノンペンポストの取材に対し、カンボジアの国内線において外国籍の航空会社が参入する事を認めない方針を明らかにした。

CAPA(航空情報センター)は先日発表されたレポートの中で、カンボジアの国内線事業はカンボジア・アンコール航空一社によって独占されており、国内線事業を外国籍航空会社に向けて開いた方が価格やサービスの質が改善されるだろう、と指摘した。

カンボジア・アンコール航空は2009年、カンボジア政府(51%)とベトナム航空(49%)の出資により設立され就航した。現在はカンボジア国内線事業とホーチミン、バンコク間の国際線事業を行っている。

CAPAの報告を受け、テクリス・サムラッチ国務長官は「我国は国内線事業を海外企業に向けて開く事はしない。これは国際的慣行であり、多くの国々は外国籍航空会社の国内線運行を認めていない。」と述べた。カンボジアでは以前バンコクエアウェイズが国内線に就航していたが、カンボジアアンコールエアが国内線に就航するとほぼ同時に運行が終了している。

CAPAのチーフアナリスト、ブレンダン・ソビエ氏は「多くの国々では国内線事業を自国の航空会社で行っている事は事実である。これは自国の航空会社の保護が目的である。」と述べた。また過去の事例について「オーストラリアはかつて国内線事業をカンタス航空一社で行っており、健全な競争が行われておらず、価格やサービス面が未発達であった。しかしその後、国内線事業を海外に向けて開く事によって国内産業の競争力が高まった。」と主張した。

またソビエ氏はカンボジアの国内線に関し「外国籍の航空会社が参入し、国内線事業に競争が生じても、カンボジア・アンコールエアは旅行者たちの需要により、経営が傾く事は考えにくい。むしろこの独占をやめる事により、カンボジア・アンコールエアは国際的な競争力が高まるだろうと述べた。」

一方、サムラッチ国務長官は“国内線事業の一社独占”という表現に対し「これは独占ではない。我々は自国中から新しい航空会社が設立される事を望んでいる。」と否定した。

現在カンボジアでは、定期便ではなくチャーター便を運営している自国企業が数社ある。
《クロマーマガジン編集部・多賀史文》

編集部おすすめのニュース