【ケンウッド彩速ナビ】デュアルコアCPU採用で、スクロールはさらに速く

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ケンウッド『彩速ナビ』の2013年モデルには、新たに開発された「ジェットレスポンスエンジンIII」を搭載している。デュアルコアCPUを心臓部に採用しており、地図やメニューのスクロール速度は従来の彩速ナビよりも格段に速くなった。

OSはAndroid4.0をカスタムしたものとなり、操作方法もフリックやピンチイン/ピンチアウトなど、スマートフォンと同様のものとなった。

従来の彩速ナビのスクロール速度もかなり速いものとなっていたが、2013年モデルはさらに速くなり、まさに「ジェットレスポンス」という言葉がふさわしい。あまりに速く動きすぎて、「今どこを表示しているのかわからない」ということも多くなってきたことから、高速スクロール時に自車位置を小画面で表示する「フライビューマップ」も新たに採用。おおよその位置が把握できるようになった。

地図の縮尺変更はピンチイン/ピンチアウトで行えるが、この際の縮尺は以前のような100mや50mなどの「刻み」ではなく、フレレキシブルに表示するようになっている。以前のような刻みで変更する場合には、画面上のアイコンをタッチすることになる。

また、この地図には『S3フォーマット」と呼ばれる圧縮技術を採用。ハードディスク(HDD)と同レベルのデータ量を収容している。

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集