大韓航空、KLMオランダ航空とソウル~アムステルダム線でコードシェアを開始

航空 企業動向

大韓航空は、1月16日からKLMオランダ航空と、ソウル(仁川)~アムステルダム路線でコードシェア(共同運航)を開始した。

今回のコードシェアによって大韓航空は同路線で、これまでの火曜、木曜、日曜の週3便の運航に、KLMオランダ航空の月曜、水曜、金曜、土曜の週4便が加わり、毎日の運航となる。韓国からアムステルダムへ向かう乗客はスケジュールの選択の幅が広がり、利便性が向上する。

また、どちらも日本各地の空港から1回の乗り継ぎでアムステルダムへ行くことができ、日本発着便の多くが同日乗り継ぎ可能となっている。

両社のコードシェアで火曜、木曜、日曜は仁川14時25分発、アムステルダム18時25分着、アムステルダム20時00分発、仁川に翌日の14時50分に到着する。月曜、水曜、金曜、土曜は仁川14時55分発、アムステルダム18時35分着、アムステルダム17時45分発、仁川に翌日12時05分に到着する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集