国営テレビの天気予報で捏造? ベトナム

エマージング・マーケット 東南アジア

【ベトナム】ベトナム北部で気温が10度以下まで下がるなど寒気団が南下する中、ベトナム国営テレビ(VTV)で天気予報の捏造(ねつぞう)疑惑が持ち上がった。

 現地紙アンニントゥーゾによると、問題が指摘されているのは、VTV第1チャンネルで毎日午前6時15分に放送されている天気予報。現在ベトナムでは気温が10度を下回った場合、小学生は登校せずに自宅待機する措置が取られているが、天気予報で気温が10度以下になると報じられても、実際には気温が10度を上回るケースが続出したのだ。

 これについて、同紙はVTVが低温情報を携帯電話向けのショートメッセージ(SMS)で配信し、利益を上げるため、気象当局からの情報とは異なる情報を配信している疑いがあると報じた。記事は気象当局者が「VTVが流している天気予報の情報源は気象当局ではない」と証言したと伝えた。

 しかし、騒ぎが拡大するや、当局者は発言は誤りだったと釈明。温度表示の誤りは局の技術的ミスだった疑いがあるとしたが、視聴者の不信感は消えていない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース