メルセデス・ベンツ コネクション、リニューアルオープン…“より気軽に”がキーワード

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
  • メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
  • メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
  • メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
  • メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
  • メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
  • メルセデス・ベンツコネクション、リニューアルオープン
メルセデス・ベンツのアンテナショップ、メルセデス・ベンツコネクションが1月18日、リニューアルオープンした。

新しいショップの売りは大きく3つあるとは、メルセデス・ベンツ日本企業広報課マネージャーの河野綾さんの弁。まずは設備そのものの充実を挙げる。「音響や映像関係の機器などを充実させましたので、より皆様に楽しんでもらえるようなイベントが出来るようになりました」という。

そして、カフェとレストランについてもさらに強化した。「カフェでもちょっとした軽食が召し上がれるように、メゾンカイザーの木村氏に監修してもらいました。レストランは、ミシュラン2つ星のRyuzuの飯塚氏の監修の元、メニューを一新、リーズナブルな価格で飯塚シェフの監修のフレンチのコース料理やアラカルトを気軽に味わってもらえるようにしています」

3つめは、トライアルクルーズという試乗システムだ。「トライアルステーションというカウンターに専用クルーを常駐させました。販売店での試乗は(気持ち的にも)難しいと思いますが、未だ購入というほどではないが興味はあるというお客様にも、そこにぶらりと来て、今日の試乗できるクルマから、これをちょっと乗ってみたいなという気持ちで選んでいただければ、試乗できるというシステムです。明るくてカジュアルな雰囲気のスタッフがお迎えしますので、より気楽に体験していただけるでしょう」と述べる。

また、「2階にAMGプライベートラウンジを用意する予定です。これは、世界でドイツ以外では初めてのもので、AMGユーザーのためのエクスクルーシブな空間です。そこで、眼下にAMGを眺めながら、色見本や素材やパーツを見ながら、カスタマイズしてもらえる予定です。今後AMGを検討するユーザーにも楽しんでもらえるような部屋となっています」と語った。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集