ヤンマーグループ、4月から持株会社制へ移行

自動車 ビジネス 企業動向

ヤンマーは、昨年11月27日開催の取締役会において、2013年4月1日付で持株会社体制に移行することを決議。新体制への移行を、2013年2月下旬の機関決定を経て実施すると発表した。

昨年3月に創業100周年をむかえたヤンマーは、経営環境が大きく変化している中、次の100年に向け、グローバル経営の高度化とコア事業の競争力強化を目指し、新たなグループ経営体制を構築する。

新体制では、持株会社「ヤンマーホールディングス株式会社」を株式移転方式により新設。その下に産業用エンジン・農業機械・建設機械・エネルギーシステムなどを主な事業内容とする事業会社を配置する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集