ブリヂストン、タイにテクニカルセンターを設立…研究開発体制を強化

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストン アジアパシフィックPTE(BSAP)は、タイに新たにテクニカルセンターを設立すると発表した。総投資額は約37億円で、2013年7月から業務を開始する予定。

新会社には、従来、日本のテクニカルセンターが担っていたアジア・大洋州地域でのタイヤ開発、タイヤ生産技術、品質経営といった機能を移管。当該機能の強化を図り、市場の情報をタイムリーに反映させた研究開発体制を構築していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集