シボレー コルベット 新型、量産第一号車はオークションに

自動車 ビジネス 企業動向

新型シボレー コルベット
  • 新型シボレー コルベット
米国の自動車最大手、GMがデトロイトモーターショー13でワールドプレミアした新型シボレー『コルベット スティングレイ』(日本名:『コルベット』)。同車の量産第一号車が、オークションに出品されることが判明した。

これは1月16日、GMのシボレーブランドが明らかにしたもの。1月19日、米国アリゾナ州で開催される有名オークション、「バレットジャクソン」に、シャシーナンバー「0001」の新型コルベットが出品される。

オークションの収益は、米国ミシガン州デトロイトのデザイン学校に寄付。シボレーによると、自動車デザインを学ぶ学生に役立てられるという。

コルベットは米国を代表するスポーツカー。新型は7世代目にあたる。歴代コルベットには、熱烈なコレクターが存在することから、新型の量産第一号には、市販価格を上回るプレミアが付くことが予想される。

GMのグローバルデザイン担当、エド・ウェルバーン副社長は、「新型コルベットのモダンかつダイナミックなデザインは、多くのエンスーを熱狂させるだろう」とコメントしている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集