歌謡ショーの成人女性出演を禁止?ケダ州で波紋 マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

ニュー・ストレーツ・タイムズなどによると、イスラム原理主義政党の汎マレーシア・イスラム党(PAS)が政権を握るケダ州政府が、中国正月に各地で開催される歌謡ショーなどのパフォーマンスについて成人女性の出演を禁止すると発表し波紋を呼んでいるという。

2月15日に州内のショッピングコンプレックスで開催を計画していた興行主が、州政府から警告書を受け取っていたことで明るみに出た。それによると成人女性歌手の出演は認めないとしており、どうしても女性が必要ならば女子中学生に限定するとしている。また曲目は宗教的な基準を逸脱しないものとしており、生演奏の禁止、事前に歌手名と曲目を当局に提出することなども求めている。

こうした措置に対し、マレーシア華人協会(MCA)など同州野党である国民戦線(BN)側が批判を強めているほか、PASと共闘する民主行動党(DAP)、さらには支援母体である全国PAS支援者会議も批判している。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース