川崎重工、建造49隻目となるLPG運搬船をガス・ダイアナ・トランスポートに引き渡し

船舶 企業動向

川崎重工業は1月15日、ガス・ダイアナ・トランスポート向けLPG運搬船「ナデシコ・ガス」を引き渡した。

今回引き渡したLPG運搬船は、川崎重工がこれまで建造したLPG運搬船として49隻目で、同型船としては10隻目となる。

新造船は、全長226メートルで、川崎重工が開発した船首形状(SEA-ARROW)を採用し、船が航走する際、船首部に発生する波の抵抗を極限まで減少、推進性能の大幅な向上を図った。

低温で液化された石油ガスを積載するため、船体とは独立して低温収縮を吸収できる独立型貨物タンクを4区画の船倉内に4基設けた。また、貨物タンクは、マイナス46度までの低温液化石油ガスを積載することができるように低温用特殊鋼材を使用、周囲は発泡ウレタンを用いた防熱を施した。

載貨重量は5万3003トンで貨物タンク容量は8万0152立法メートル。

機関は川崎-MAN B&W 7S60MC-C7型の省燃費超ロングストローク2サイクル低速ディーゼル機関を採用した、これに川崎フィン付ラダーバルブを採用することで、燃料消費量の低減を図った。航海速力は約16.95ノット。

燃料油タンクは二重船殻構造とし、海洋汚染防止対策を施した。定員は30人で船籍はパナマ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集