アバルト 新型500 および 595シリーズ を発売…ラインナップを刷新

自動車 ニューモデル 新型車

アバルト595 コンペティツィオーネ
  • アバルト595 コンペティツィオーネ
  • 新型アバルト500
  • アバルト595 コンペティツィオーネ
  • アバルト595 コンペティツィオーネ
  • アバルト595 ツーリズモ
フィアット クライスラー ジャパンは、『アバルト500』のラインアップを刷新。新型『アバルト500』および『アバルト595』シリーズ、3モデルを1月11日より発売した。

新型アバルト500は、走りに関わる仕様や装備は継承しながら、シートをレザーからファブリックに、エアコンをフルオートからマニュアルへ変更するなどの装備内容の見直しを実施。走りを追求するピュアスポーツモデルにふさわしい商品内容に変更した。これにより、価格も大幅に引き下げ、新規顧客層の開拓を図る。

アバルト595シリーズは、快適性と上質感、スポーツ性を重視した2つのバリエーション新たに導入。これまでのアバルト500/500Cのプレミアムコンパクトスポーツとしての位置づけを継承しながら、広範囲なターゲット層にアプローチすべく、充実した仕様・装備とバリエーションを展開する。

595シリーズは、パフォーマンスを向上させるパーツキット「エッセエッセキット」を装着したアバルト500の前モデルと同様、エンジン出力を160psにアップグレードしたほか、シャシーも強化。パワートレーンについては、すべてセミオートマチックトランスミッションとし、これまでのマニュアルトランスミッションのみの設定だったアバルト500ではアプローチできなかった顧客層へ訴求するとともに、新型アバルト500との差別化を図った。

ラインナップは、快適性と上質感を重視した『アバルト595 ツーリズモ』と、スポーツ性を重視した『アバルト595 コンペティツィオーネ』、装備内容の異なる2つのバリエーションを用意。ツーリズモにはカブリオレタイプの『アバルト595C ツーリズモ』も用意する。

価格はアバルト500が前モデルから30万円ダウンの269万円。アバルト595 ツーリズモが319万円、アバルト595C ツーリズモが339万円、アバルト595 コンペティツィオーネが349万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集