三井造船、トルコでターミナル向けコンテナクレーンを受注

船舶 企業動向

三井造船webサイト
  • 三井造船webサイト
三井造船は、トルコのイールポート・コンテナ・ターミナル&ポート・オペレーターズ(YCTPO)からトルコのゲムリックターミナルとゲブゼターミナル向けにコンテナクレーンを受注した。

YCTPOは、トルコで石炭、鉄鉱石、肥料などの輸出入、海運業を手がけるイルディルム・ホールディングスの子会社。

今回、ゲムリックターミナル向けにコンテナクレーン4基と、ゲブゼターミナル向けにコンテナクレーン4基の合計8基を受注した。引き渡しは、ゲムリックターミナル向けにコンテナクレーン4基が2014年2月、ゲブゼターミナル向けコンテナクレーン4基が2014年8月の予定。

ゲムリックターミナルは、イスタンブール南方、約70kmに位置し、2014年1月完成予定。ゲブゼターミナルはイスタンブール南東、約40kmに位置し拡張を計画中で、2014年4月に完成する予定。

既にターミナルにはコンテナクレーン4基、RTGクレーン18基を納入しており、クレーンのパフォーマンスの良さが評価され、今回の受注につながった。

トルコは経済成長に伴って、物量が増加し、大型コンテナ船対応のコンテナクレーンが必要となっている。ゲムリックターミナル、ゲブゼターミナルの両ターミナルに納入するコンテナクレーンは大型の23列のコンテナ船に対応している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集