JR四国年末年始の利用実績、主要3線区と瀬戸大橋線ともに横ばい

鉄道 企業動向

JR四国は、2012年12月28日~2013年1月6日までの年末年始利用状況を発表した。

年末年始の期間中は、12月28日に低気圧の通過に伴う強風のため、予讃線で一時運転を見合せたものの、大きな輸送障害もなくほぼ順調な輸送状況となった。

利用状況は、瀬戸大橋線が前年同期と横ばいの26万6400人だった。主要3線区も横ばいの13万3100人だった。このうち、下りは同2%減の6万6500人、上りが同1%増の6万6600人だった。

3線区別では予讃線(多度津~伊予三島)が同1%増の7万6200人、土讃線(多度津~阿波池田)が同2%増の3万9300人、高徳線(高松~徳島)が同9%減の1万7700人だった。

瀬戸大橋線の利用のピークは、下りが12月30日、上りが1月3日だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集