ソーラーフロンティア、CIS技術で変換効率19.7%を達成

自動車 ビジネス 企業動向

変換効率19.7%のセルを開発したソーラーフロンティア厚木リサーチセンター(神奈川県)
  • 変換効率19.7%のセルを開発したソーラーフロンティア厚木リサーチセンター(神奈川県)
  • ソーラーフロンティア(webサイト)
ソーラーフロンティアは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究を受けて、カドミウムを含まない薄膜太陽電池のセル(約0.5平方センチ)として世界記録となるエネルギー変換効率19.7%を達成したと発表した。

今回の世界記録は、小面積用に開発したセルではなく30cm角基板から切り出したセルで実現したもので、今後の大面積化への対応力を証明するものともなる。

また、これまでソーラーフロンティアが採用しているセレン化硫化法は量産には適している一方で、同時蒸着法による変換効率には及ばないとされてきたが、今回の記録はこのCIS技術の常識を覆すものとも言える。

なお、カドミウムを含まない薄膜系太陽電池セルにおける変換効率は、2003年に達成された18.6%が世界記録だった。今回それを1.1%上回った。また今回の記録は、カドミウムを含む薄膜系太陽電池全体としての世界記録である20.3%にも迫る数値でもある。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集