ハッブル望遠鏡がとらえた惑星状星雲NGC5189[動画]

宇宙 科学

NASAは、ハッブル宇宙望遠鏡がキャプチャーしたイメージを元にした、惑星状星雲の「NGC5189」の動画を公開した。

死んで行く太陽のような星から逃げ出すガスによって形作られたNGC5189星雲は、青みがかったローブを包む、結び目の多い繊維状の美しい構造を見せている。

以前の調査結果は、イメージの中央を横切るように水平に走る、歪んだ円環体を創造した最近のものを含む、複数の異なる時代を持つ物質の流出の存在を示した。その結果は、死に行く星は左右対称軸を旋回運動する、連星系の一部であるという仮説と一致しているように思われる。

尚、この星雲は3光年の全長を持ち、南の星座、蝿座から何千光年を隔てた位置にある。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集