ブルサマレーシア株価指数、2012年で10%上昇

エマージング・マーケット 東南アジア

ブルサマレーシア株価指数、2012年で10%上昇
  • ブルサマレーシア株価指数、2012年で10%上昇
ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)の昨年末の代表的株価指数(FBM・KLCI)は前年比10%アップの1,688.95と過去最高を更新した。時価総額は約10%増の1兆4,600億リンギ。

指数上昇率は、上海や深セン株式市場を上回ったが、シンガポール、インドネシア、タイなど東南アジア市場の上昇率(12-35%)を下回った。

指数構成銘柄で株価上昇率が大きかったのは、UMW(72%)、およびDiGiドットコム、ホンリョン・バンク、YTL、ペトロナス・ダガンガン、アクシアタ(31-36%)。

指数銘柄で株価が下落したのは、PPB、YTLパワー、ゲンティン、UEMランドで、下落幅は10-33%。

市場全体では店頭銘柄が上昇、下落幅とも大きかった。最も上昇したのはグリーン・オーシャンで400%。マイクロリンク・ソルーションズ、スコープ・インダストリーズも大幅上昇だった。
小栗 茂

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品