韓国政府による対ベトナム融資枠組み協定調印

エマージング・マーケット 東南アジア

ハノイ市近郊(参考画像)
  • ハノイ市近郊(参考画像)
12月24日付のベトナム紙トイバオキンテーなどによると、同国のブイ・クアン・ビン計画投資相と韓国の駐ベトナム大使は21日、ハノイで、2012~15年期における韓国政府による対ベトナム融資の枠組み協定に調印した。

融資総額は12億ドルで、おもに、交通、給排水、再生可能エネルギー、情報技術、医療、人材開発などの分野で使用されるという。2012年は、ベトナムと韓国の関係樹立20年にあたる年だった。両国の経済関係は戦略的パートナー関係に引き上げられた。貿易面では、二国間貿易額は200億ドルを超え、投資面では対ベトナム投資96カ国中、2番目となった。特に、大型案件の増加が目覚ましいという。

調印式で、ビン計画投資相は、「韓国政府のODA(政府開発援助)はベトナム経済に極めて重要な効果をもたらした」と高く評価。「今後も、ベトナムはKOIKA(韓国国際協力団)をはじめ、韓国の各組織と協力していきたい」と語ったという。
朝妻 小津枝

編集部おすすめのニュース