エアアジアがシャークレット搭載のエアバスA320、最初の運用者に

航空 テクノロジー

A320
  • A320
  • シャークレット
12月24日、エアバス社がエアアジアにシャークレットを搭載した最初のA320を納入した。

これによってエアアジアは、新しい燃料をセーブする大きな羽先デバイスをオペレートする最初の航空会社となる。

シャークレットは軽量の合成物から作られ、2.4mの高さを持つ。これらの新しくデザインされた羽先の装置は、飛行機の空力を大幅に改良することで、燃料の燃焼と排出を削減する。航空会社の燃料料金を4%前後までカットすることで、シャークレットはA320ファミリーに100マイルの航行レンジ、もしくは450kgの重量積載の余裕を持つことができる。

アジアの最も大きな低料金航空会社であるエアアジアは、最も大きなエアバスA320ファミリーの顧客でもある。エアアジアは最近、100機のA320ファミリーの航空機をオーダーし、合計で475機をエアバスから調達したことになる。この内の100機を超える飛行機が航空会社に納入され、バンコク、クアラルンプール、ジャカルタ、マニラ、東京のベースから飛び立っている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集