ブリティッシュエアウェイズが新たな子供向け製品とサービスを公表

航空 企業動向

ヒースロー空港ターミナル2完成時の想像図
  • ヒースロー空港ターミナル2完成時の想像図
  • ヒースロー空港ターミナル2完成時の想像図
  • ヒースロー空港ターミナル2完成時の想像図
  • ボーイング747(ヒースロー)
ブリティッシュエアウェイズの最も忙しいクリスマス旅行時期が迫ると共に、航空会社は2013年に向けて、子供達を空港や飛行中に楽しませる為の製品やサービスへの投資を発表した。

ヒースロー空港の第5ターミナルにあるラウンジに、子供達はお手玉やフロア・クッション、喋る鏡や知覚性ブロック、航空関連の玩具、スマートフォンやiPad用の充電器といった明るく新しい家具などを、リフレッシュされた「キッズ・ゾーン」に発見することになる。

子供旅行専用に使用されるスカイフライヤー・ソロ・ラウンジでは、テーブルサッカーやバランスボード、小型の冷蔵庫に入った無料のスナックや飲み物を含むさらなる拡張が予定され、さらにブリティッシュエアウェイはマイクロソフトと提携してキッズ・ゾーンにはXbox、スカイフライヤー・ソロ・ラウンジにはXboxキネクトを配して最新のゲームテクノロジーを提供する。

キネクトコンソールのモーションセンサーによって、子供達は両手を使わずに、体を使ったゲームコントロールが可能になる。ゲーム書庫には、セサミストリートやフォルツァ(ドライビング)、ダンスセントラルやFIFAフットボール、スターウォーズやナショナル・ジオグラフィックといった年齢適合のゲームが含まれる。

家族旅行をより楽しむ為に、3万5000フィートのエンタテイメントにいくつかの改善が施される。ブリティッシュエアウェイは最近、子供達が好みの映画やテレビ番組を搭乗と同時に、目的地に着陸するまで楽しむ事ができ、両親達に安楽とフライトを楽しむ時間を与えることのできる、拡張された飛行中のエンタテイメントを紹介した。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集