アエロフロート、エアバスA330-300を受領…L.カントロビッチと命名

航空 企業動向

エアバスA330(参考画像)
  • エアバスA330(参考画像)
  • エアバスA330(参考画像)
  • ビジネスクラスの食事
エアロフロート社がエアバス「A330-300」を受け取った。航空機にはロシアの傑出した数学者及び経済学者、そして線形計画法の発明者であるレオニド V.カントロビッチの名が冠せられている。

全てのA330-300航空機はエアバスの製造工場から直接エアロフロートによって受領された。最大乗客数の296人を搭乗させた状態で8100kmの飛行距離を持ち、ロールスロイスのトレント772Bエンジンが搭載されている。

A330 L.カントロビッチ航空機は28のビジネスクラス座席と268のエコノミークラス座席を持ち、全ての新型A330は飛行中のインターネット接続とモバイルサービスのインストールの用意ができている。また全てのクラスの乗客が新パナソニックeX2エンタテイメント・プログラムを楽しむことができる。

新しく幅広の胴体部を持つA330は最上級の快適基準を準拠し、最も洗練された乗客の要求を満足させる。A330 L.カントロビッチはエアロフロート社で9番目の、リニューアルされた180度のリクライニング可能なモダンなフル・フラット・シートと、増大されたシート間隔を搭載したビジネスクラス・サロンを持つ。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集