小規模水力発電所建設計画260件の中止を首相に提案=商工省‐ベトナム

エマージング・マーケット 東南アジア

ベトナムイメージ
  • ベトナムイメージ
12月12日付のベトナム紙キンテーサイゴン電子版などによると、同国の商工省はこのほど、3メガワット以下の小規模水力発電所の建設計画について、260案件(出力合計440メガワット)を国家電力開発計画から外すことをグエン・タン・ズン首相に提案した。

商工省エネルギー総局水力発電局のドー・ドク・クアン局長によれば、これら260件の小規模水力発電所プロジェクト取り止め以外に、ベトナム全土の各地方省でも、地元での水力発電計画の見直しを進めた結果、計117案件(出力合計600メガワット超)が中止になったという。商工省では引き続き、各地方省に対して各水力発電所プロジェクトの規模についての見直しを要請しているとしている。

商工省によれば、国家電力開発計画に組み込まれた中小規模の水力発電プロジェクトは約990案件(出力合計約7500メガワット)あったが、計画の見直しにより、展開の遅れや投資効果の低さ、環境への悪影響などを理由に多くの案件が取りやめとなったという。現在、商工省によって「環境への影響が小さい」「森林面積の再生ができている」などの評価を受け、稼働または建設が進展している水力発電プロジェクトは約340案件となっている。また、投資効果の高い水力発電所の建設を進めるため、102件の小規模水力発電プロジェクトについて、建設を2015年以降とするよう、各省人民委員会への指導をズン首相に要請しているという。
朝妻 小津枝

編集部おすすめのニュース