東京メトロ、銀座線全駅をリニューアル…上野、稲荷町、神田の駅デザインを公募

鉄道 企業動向

改札口周りのデザインイメージ
  • 改札口周りのデザインイメージ
  • プラットホームのデザインイメージ
東京メトロでは、銀座線のすべての駅についてリニューアルを実施する。また、リニューアルに伴い、駅のデザインを公募する「東京メトロ銀座線・駅デザインコンペ」を開催する。

東京メトロは12月30日、銀座線浅草〜上野間が開業してから85周年を迎える。今回の駅リニューアルでは、日本最古の地下鉄として東京の街をつないできた歴史を大切にしながら、先端の機能を取り入れ発信する路線としてのイメージ定着を目指す。

路線コンセプトは『伝統×先端の融合』。銀座線を下町エリア(浅草〜神田)、商業エリア(三越前〜京橋)、銀座エリア(銀座)、ビジネスエリア(新橋〜赤坂見附)、トレンドエリア(青山一丁目〜渋谷)の5つのエリアコンセプトに分けて実施する。

今回のコンペ対象駅は下町エリアの上野、稲荷町、神田の3駅。12月20日より申込受付を開始し、最優秀作品には賞金50万円が贈られる。

また、他エリアについても順次デザインの公募を行う予定。銀座線開業90年となる2017年度までに浅草〜京橋間(日本橋は2018年度中)のリニューアルを、2022年度までに全駅のリニューアルを完成させる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集