ベトナムで政府首脳らに対する初の信任投票を実施…2013年5月

エマージング・マーケット 東南アジア

イメージ
  • イメージ
12月12日付のベトナム紙ハノイモイ電子版などによると、同国の国会常務委員会は11日の会議で、来年5月に予定されている第13期ベトナム国会第5回会議で、政府首脳や閣僚49人に対する初めての信任投票を行うことを正式決定した。

対象には国家主席、国会議長、首相、各省大臣、最高人民裁判所長官、最高人民検察院院長、国家会計検査院長官などが含まれる。信任投票結果は、その後すぐに国会で発表されるという。

政府首脳や閣僚に対する信任投票制度の導入は、今年11月に国会で採択されたもの。毎年1回投票を行い、信任票が3分の1を下回った場合や、2年連続で信任票が5割を下回った場合には罷免されるとしている。ただ、この信任投票がどの程度機能するかについては多くの疑問も残っているという。今回の国会常務委員会は14日まで行われる。
朝妻 小津枝

編集部おすすめのニュース