マルチレベル販売方式に関するセミナーをベトナムで開催 米国商工会議所など

エマージング・マーケット 東南アジア

マルチレベル販売方式に関するセミナーをベトナムで開催 米国商工会議所など
  • マルチレベル販売方式に関するセミナーをベトナムで開催 米国商工会議所など
米国商工会議所(Amcham)ベトナム事務所傘下のマルチレベル・マーケティング協会はこのほど、訪問販売協会世界連盟(WFDSA)と共同で、マルチレベル販売方式に関するセミナーをベトナムで開催した。12月12日付のベトナム紙タインニエンオンラインが伝えた。

ベトナム商工省競争管理局によれば、ベトナムではこれまでにマルチレベル販売で経営登録した企業が78社あったが、2012年11月末の時点で活動しているのは54社となっており、このうち13社が外資系企業だという。また、90%の企業が機能性食品の分野で活動している。

ベトナムのマルチレベル販売業界は、国内経済および世界経済が低迷する中でも安定を維持しており、業界全体の売上額は2010年に2兆8490億ドン超、11年には4兆ドン超に達している。2011年における業界全体の納税額は4950億ドンで前年比120%増、企業が販売員に対して支払う手数料は9900億ドンで同147%増となっている。

しかし、一部には企業倫理の基準を守らない企業もあり、社会生活に少なからぬ影響を及ぼしているという。そのため、同セミナーでは、「マルチレベル販売企業は法律の規定を遵守した上で、販売代理店の社員教育・訓練には厳しいチェック体制に重きをおくことが必要だ。各国家機関との協力を密にして、違法ビジネス企業をともに排除していかなければならない」とする意見が多数あがったという。
朝妻 小津枝

編集部おすすめのニュース