JR東海、在来線の耐震補強に45億円…2018年までに

鉄道 企業動向

JR東海、在来線の耐震補強に45億円…2018年までに
  • JR東海、在来線の耐震補強に45億円…2018年までに
  • JR東海、在来線の耐震補強に45億円…2018年までに
JR東海は、耐震化する設備の範囲を拡大し、高架橋柱、橋脚、駅舎の耐震化を行うと発表した。

今回の対策を実施することで、ピーク時1時間あたり片道列車本数が10本以上である高密度線区の高架橋柱と橋脚、東海地震の発生で強く長い地震動を受けると想定される区間の高架橋柱、利用者が1日5000人以上で橋上化の計画がない駅舎の耐震化が全て完了する。

高架橋柱はこれまで高密度線区の高架橋柱の耐震補強を進めてきたが、新たに東海地震で強く長い地震動を受けると想定される区間の高架橋柱を耐震化の対象に加え、耐震補強を行う。対象区間は静岡地区・浜松地区・富士地区の約2930本。

また、高密度線区の橋脚について耐震補強を行う。対象は高密度線区の4基。

駅舎はこれまで進めていた利用客が1日1万人以上の駅について耐震化完了の目途が立ったことから、利用者が1日5000人以上の駅で耐震化が必要な7駅について耐震化を行う。

工事費用は約45億円。2018年3月までに実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集