マレーシアのネットユーザー意識…使用目的のトップは「情報収集」

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシアのネットユーザー意識…使用目的のトップは「情報収集」
  • マレーシアのネットユーザー意識…使用目的のトップは「情報収集」
マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)が実施したマレーシアのインターネット・ユーザーの使用目的に関する調査(複数回答)によると、トップは「情報収集」で、88.3%が回答。

2位は「ソーシャル・ネットワーク」で84.4%だった。3位以下は、「メールなどの通信」、「教育」、「ダウンロード」の順。「ネットバンキング」は40.9%で8位、「ショッピング」は24.5%で11位だった。

「2011年家庭インターネット使用調査」は2011年10月から2012年1月にかけて実施し、6,144人から回答を得た。

1日当たりのインターネット利用時間については、「1-4時間」との回答が60.7%と最も多く、「4-8時間」が19.7%で2番目に多かった。利用場所は「自宅」が88.3%で最も多く、「オフィス」が8.0%、「学校・大学」が1.2%だった。

使用機器については、「ネットブック・ノートPC」が83.2%でトップ。「PC」が40.4%で2位、「スマートフォン」が21.5%で3位だった。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース