日立、大分ソーラーパワーから81.5MWのメガソーラー発電システムを受注

自動車 ビジネス 企業動向

完成イメージCG
  • 完成イメージCG
日立製作所は3日、丸紅の子会社である大分ソーラーパワーより、大分県に新設する81.5MWのメガソーラー発電システムを一括受注したと発表した。

今回受注したメガソーラー発電システムは、大分ソーラーパワーが事業者として大分県大分市に建設する発電所向けで、発電所敷地面積は105ヘクタール、年間予想発電電力量は一般家庭約3万世帯分に相当する8700万kMh。

同社は、同システムの設計・調達・製造・据付・調整までを一括して受注。CO2排出量削減効果は年間約3万6000トンであり、周辺の自然環境にも配慮したレイアウトとしている。工事の本格着工は2013年1月、納期は2014年4月を予定。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集