ピーチ、累計搭乗者数が100万人を突破…計画より1カ月早く

航空 企業動向

ピーチ・アビエーションは、今年3月1日から国内線の運航を開始してから9カ月で累計搭乗者数が100万人を突破したと発表した。計画よりも1カ月早い達成となった。

同社は3月1日に国内線、5月には国際線の運航を開始した。現在、国内線5路線、国際線3路線の計8路線に、週252便を運航している。

100万人目は関西国際空港発、鹿児島空港行きの利用者で、記念品を贈呈した。

同社の井上慎一CEOは「今後も日本のLCCの先駆者として安全運航を何よりも優先させ、顧客に末永く愛される『空飛ぶ電車』を目指す」とコメントしている。

また、同社は12月3日から「通算搭乗者100万人達成!!ありがとうキャンペーン」を開催する。第1弾は国内線全路線の運賃を片道1000円とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集