メルセデスベンツ Cクラス、カブリオレ設定へ

モータースポーツ/エンタメ 出版物

メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • メルセデスベンツCクラスにカブリオレが設定されると伝えた米『USA TODAY』
メルセデスベンツの主力車種、『Cクラス』。同車に、オープン仕様の「カブリオレ」が加わる可能性が高くなった。

これは10月25日、米国の有力メディア、『USA TODAY』が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたメルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAのスティーブ・キャノンCEOは、「Cクラスにドロップトップ(つまり、カブリオレ)バージョンを追加する」と話したというのだ。

Cクラスのカブリオレといえば、先代の『CLK』に存在した。しかし、CLKは事実上、『Eクラスクーペ』と『Eクラスカブリオレ』に上級移行し、消滅。その後、メルセデスベンツは顧客のニーズに応えて、『Cクラスクーペ』を投入した経緯がある。

Cクラスカブリオレは、このCクラスクーペをベースに開発される見込み。スティーブ・キャノンCEOは、「Eクラスカブリオレよりも、リーズナブルな価格で発売したい」と同メディアにコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集