ヒュンダイ、米国生産能力を19%増強へ

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ヒュンダイ・ソナタ
  • ヒュンダイ・ソナタ
  • ヒュンダイ エラントラ
  • 新型ヒュンダイ・サンタフェ・スポーツ
米国市場で勢いを増している韓国ヒュンダイモーター。同社が、米国における現地生産能力を増強することが判明した。

これは9月10日、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアの取材に応じたヒュンダイモーターアメリカのジョン・クラフシックCEOは、「9月から年内にかけて、米国での生産能力を19%増強する」と話したというのだ。

ヒュンダイの2012年1-8月米国新車販売は、前年同期比8.8%増の47万9789台。8月実績は過去最高の6万1099台で、前年同月比は4.4%増と24か月連続で前年実績を上回る好調さを示した。これを受けての、生産能力増強である。

同CEOによると、アラバマ工場に追加シフトを導入し、『ソナタ』と『エラントラ』の生産台数を2万台上乗せ。傘下のキアモーターズのジョージア工場で組み立てるSUV、新型『サンタフェ』(米国名:『サンタフェスポーツ』)に関しても、年内に3万台以上を生産する計画だという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集