米トイザらスがAndroidタブレットに進出…149ドルから

 玩具小売の大手、米トイザらスは10日、子供向けのタブレット端末「tabeo」を発売すると発表した。玩具のひとつという位置付けとはいえ、加熱するタブレット開発、販売競争に意外なダークホースが参入したといえる。

自動車 ニューモデル 新型車
tabeoの外観
  • tabeoの外観
  • トイザらスのWebサイト
 玩具小売の大手、米トイザらスは10日、子供向けのタブレット端末「tabeo」を発売すると発表した。玩具のひとつという位置付けとはいえ、加熱するタブレット開発、販売競争に意外なダークホースが参入したといえる。

 「tabeo」は7インチのディスプレイを搭載したAndroidベースのタブレット。外観は子どもによる扱いを考慮して分厚いバンパーを装着するなど玩具としてのデザインになっているが、マルチタッチに対応し、HDMIポートも装備するなど本格的なタブレットだ。

 トイザらスの発表によれば50本もの本やゲーム、子供向けのアプリがプリインストールされており、さらに7,000以上のアプリをTabeo Storeからダウンロードできる。インターネットにもアクセスできるが、ペアレントコントロールによって有害なサイトを排除できるようになっている。一般のAndroidアプリが動作するかについては明確な発表はない。

 「tabeo」は10月1日発売予定で、価格は149ドル。本来の位置付けで考えれば競合する製品ではないとはいえ、159ドルに値下げされたアマゾンのKindle Fireよりわずかに安い設定となっている。

米トイザらスがAndroidタブレットに進出、149ドルで発売

《山田 正昭@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集