【トヨタ オーリス 新型発表】スポーツハッチバックの新基準

自動車 ニューモデル 新型車

新型 オーリス 発表会
  • 新型 オーリス 発表会
  • 新型 オーリス 発表会
  • トヨタ オーリス
  • トヨタ オーリス
  • トヨタ オーリス
  • トヨタ オーリス
  • トヨタ オーリス
  • トヨタ オーリス
トヨタ自動車は、日欧戦略車『オーリス』をフルモデルチェンジし、8月20日から発売を開始した。

今回のフルモデルチェンジでは、「スポーツハッチバックの新基準」確立という明快な方向性のもとで、デザインや乗り味といった、クルマが本来持つ様々な魅力を高次元で調和させている。

新型オーリスのデザインテーマは「SMART DYNAMISM」。フロントマスクは、獲物を捕らえるような眼差しを表現する、トヨタ独自の「キーンルック」を採用。全高を55mm下げた低重心フォルムを活かしたダイナミックなデザインと空力や居住空間確保などの機能性をスマートに融合している。

インテリアは、スポーティかつ上質な室内空間を演出する造形としたほか、大開口パノラマルーフ(オプション設定)で開放感を付与する。

走行面では、高いボディ剛性を確保し、俊敏な走りと快適な乗り心地を高次元で両立。スポーティグレードの「RS」は、専用の6速マニュアルトランスミッションやディスクブレーキの採用などにより、一段高いレベルの運動性能とレスポンスを実現。走りの楽しさを存分に味わえる仕様としている。

また、1.5リットル2WD車はアイドリングストップ機能のオプション設定で、燃費性能19.2km/リットル(JC08モード)を実現。さらにオートマチックハイビームの新採用や、後席乗員・歩行者の安全性向上にも配慮したボディ構造のほか、VSCの標準装備など、高い安全性能を確保している。

価格は171万円から225万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集