2012年上半期のBMW二輪の世界販売、2.3%マイナス

自動車 ビジネス 海外マーケット
BMW F700GS
  • BMW F700GS
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
  • BMWモトラッド(東京モーターサイクルショー12)
BMWの二輪部門、BMWモトラッドは6日、2012年上半期(1‐6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は5万9189台。前年同期比は2.3%のマイナスだった。

6月単月の結果は、1万0271台。前年同月比は13.2%減と落ち込む。一方、BMWグループ傘下のイタリアのハスクバーナ(HUSQVARNA)モーターサイクル社は6月、前年同月比81.1%増の815台を販売。上半期(1‐6月)では、前年同期比48.3%増の5235台を売り上げる。

BMWモトラッドは2012年下半期(7‐12月)、新型車攻勢をかける計画。7月には『C600スポーツ』と『C650GT』、9月には『F700GS』と『F800GS』などがスタンバイしている。

BMWモトラッドのハイナー・ファウスト取締役は、「6月と上半期の販売結果は、欧州南部の経済状況に影響を受けた。しかし下半期は、新型車の投入で販売を盛り返す」と述べ、販売回復に意欲を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集