サーブ、中国企業から初の資金獲得

自動車 ビジネス 企業動向
サーブのスウェーデン・トロールハッタン本社工場
  • サーブのスウェーデン・トロールハッタン本社工場
10月末、中国企業2社に買収されることで基本合意した後も、短期的な運転資金不足状態が続いていたスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。同社が中国企業から、最初の資金を受け取ったことが分かった。

これは13日、『ロイター』が報じたもの。同メディアの取材に対して、サーブの親会社、スウェディッシュオートモビルのビクター・ミューラーCEOは、「中国出資パートナーのヤングマン(浙江青年蓮花汽車集団)から、340万ユーロ(約3億5000万円)の入金があった」と明かしたという。

サーブはこの資金を、支払いが遅れている11月分の従業員の賃金に充てる方針。同社は中国企業からさらなる融資を受け、操業停止が続くスウェーデン・トロールハッタン工場の早期再開を目指す。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • サーブに新たな出資パートナー…中国の銀行が浮上 画像 サーブに新たな出資パートナー…中国の銀行が浮上
  • サーブ、管財人が再建計画を断念 画像 サーブ、管財人が再建計画を断念
  • GM、サーブへの技術ライセンス供与の中止を示唆 画像 GM、サーブへの技術ライセンス供与の中止を示唆
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース