HV整備の技術コンクールも…トヨタ東京自動車大学校で学園祭

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
  • トヨタ東京自動車大学校 学園祭のようす
トヨタ東京自動車大学校は10月29日、30日に学園祭を開催した。

今回で19回目となる学園祭のテーマは「トヨタ東自大の元気〜自動車の力〜」。東日本大震災からの復興を願って学生達が決めたという。

校内では学生達による研究作品や、往年の名車が複数台展示された。学園祭らしく屋台なども多く用意され、学生の父兄や関係者が参加した。

『プリウス』の整備・点検のスピードと精度を競うメカニックコンクールも開催された。

コンクール開催にあたり松浪副校長は、「プロとして現場に出る際には、技術に加えてお客様への真心も大切ですが今回は『技術を磨け、そして人間性も』という学校のスローガンのもと、学んだ技術を存分に発揮してください」と学生達に向けて激を飛ばした。

コンクールに出場した学生達は真剣な面持ちで作業に臨み、日頃の授業で学んだ技術を披露した。
《山崎浩司》

編集部おすすめのニュース

特集