パイオニア第1四半期決算…国内向けカーナビ堅調も減収減益

自動車 ビジネス 企業動向
パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」
  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」
パイオニアは4日、4〜6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。カーオーディオを中心にOEMが東日本大震災の影響で減少。また、光ディスクドライブ関連製品の売上減少、円高の影響などで、売上高は、前年同期比10.7%減の981億2700万円となった。

損益面では、原価率の良化や販売費及び一般管理費の減少があったものの、売上総利益の減少により、営業利益は同17.6%減の19億5200万円、純利益は同51.0%減の2億9300万円となった。

カーエレクトロニクス部門の売上は、同8.3%減の574億7800万円。そのうち、カーナビゲーションシステムの売上は、OEMが海外で減少したものの、市販市場向けが国内で現行モデル、新規モデルともに好調。増収となった。

またカーオーディオの売上は、震災の影響によるOEMの受注減により国内外ともに大きく減少した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • クラリオン第1四半期決算…当期赤字 画像 クラリオン第1四半期決算…当期赤字
  • 2015年の世界カーナビ市場は1632万台、SDカーナビ急拡大…矢野経済予測 画像 2015年の世界カーナビ市場は1632万台、SDカーナビ急拡大…矢野経済予測
  • 富士通テン、豪州市場に多機能AV一体型ナビを投入 画像 富士通テン、豪州市場に多機能AV一体型ナビを投入
  • Wii初登場の本格的つりざお型コントローラ 画像 Wii初登場の本格的つりざお型コントローラ

特集

おすすめのニュース