被災者支援で岩手の小中学校にiPad導入 ソフトバンクとベネッセ

自動車 テクノロジー ネット
 ソフトバンクグループとベネッセコーポレーションは、東日本大震災の被災児童・生徒の支援として、岩手県内の小学校・中学校約20校に、iPadによる電子教育の機会を提供する。ソフトバンクによると、今年7月導入をめどに現在調整を進めているという。

 なお、システム構築についてはソフトバンクグループで教育ICT分野を担当するエデュアス、ベネッセコーポレーションほかが担当する予定だ。

ソフトバンクとベネッセ、被災者支援で岩手の小中学校にiPad配布

《田村 麻里子》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース