【ニューヨークモーターショー11】ジャガー XF に2012年モデル…XJ の顔つきに

自動車 ニューモデル モーターショー

ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
  • ジャガーXF(2012年モデル)
英国ジャガーカーズは20日に開幕したニューヨークモーターショーにおいて、『XF』の2012年モデルを初公開した。

XFは『Sタイプ』の後継ミドルサルーンとして、2007年9月のフランクフルトモーターショーで発表。デビューから3年以上を経た今回、初の大がかりな改良を実施した。

注目できるのは、大きく変わったフロントマスクだ。同社のフラッグシップサルーン、『XJ』をモチーフに取り入れ、ヘッドランプやグリル、バンパー、ボンネットなどのデザインを一新した。XFは『C-XF』というコンセプトカーをベースに誕生したが、この表情はC-XFを連想させるものでもある。

インテリアは、前後シートやダッシュボードのデザインを変更。ダッシュボード中央には、7インチの新型ディスプレイを採用した。各種スイッチの操作性も引き上げられている。

最強グレードの『XFR』に関しては、他のグレードとの差別化がいっそう図られた。エンジンは引き続き、直噴5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーで、最大出力510psを発生する。

同社のグローバルブランドディレクター、アドリアン・ホールマーク氏は「2012年モデルは最高の完成度。ブランドの理想を表現したものだ」とアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集