プジョーディーラー、営業活動に iPad 導入

  • プジョー・シトロエン・ジャポンは、顧客情報を一元化してデジタル管理する「ディーラー・フォローアップ・システム(DFS)」と、『iPad』専用の営業サポートアプリケーションを開発し、全国のプジョーの系列ディーラーに導入する。
自動車 ビジネス 国内マーケット
プジョーディーラーで用いるiPadアプリケーションのトップページ(イメージ)
  • プジョーディーラーで用いるiPadアプリケーションのトップページ(イメージ)
プジョー・シトロエン・ジャポンは、顧客情報を一元化してデジタル管理する「ディーラー・フォローアップ・システム(DFS)」と、『iPad』専用の営業サポートアプリケーションを開発し、全国のプジョーの系列ディーラーに導入する。

DFSは、プジョー公式ホームページや、「プジョー・バーチャルショールーム」などで試乗やカタログを希望した顧客の情報を一元管理し、ディーラーの営業活動をサポートするシステム。顧客情報が登録されると、自動的に営業員に通知メールが届き、顧客情報やリクエスト内容が確認できる。また、アンケートやカーコンフィギュレーターをスクリーン上で操作できるiPadアプリは、展示車の目の前で購入後のイメージを確認できる。

DFS上の情報は、iPadのセールスツールでも閲覧可能。DFSとiPadを組み合わせた営業活動を展開し、顧客満足度の向上と営業効率の向上を図る。

同時に全国のプジョーディーラーにソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を設置、営業支援ツールの利用環境を整備する。

ソフトバンクWi-Fiスポットに対応する『iPhone』やiPad、ケータイWi-Fi対応機種を持つ顧客はプジョーショールームで利用できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集