バレンタインに注意! 詐欺のあの手この手

自動車 テクノロジー ネット

バレンタインに注意!ネット詐欺のあの手この手 バレンタインに注意!ネット詐欺のあの手この手
  • バレンタインに注意!ネット詐欺のあの手この手 バレンタインに注意!ネット詐欺のあの手この手
  •    
 マカフィーは、バレンタインデーを前に出会い系サイトの詐欺や年間を通じて見られる恋愛詐欺事例を紹介した。

●軍事作戦と呼ばれる詐欺も

 まず、注意したい例として挙げられたのは出会い系サイト詐欺。「メールオーダーブライド詐欺」と呼ばれるものは、男性が料金を払って外国人の花嫁を見つけるインターナショナルデーティングサイトを悪用した恋愛詐欺。詐欺師は偽のプロフィールを設定し、利用者との文通を開始。「花嫁」は会いに行くための航空券やビザの代金、また家族の緊急事態をでっち上げ、被害者に金銭的な援助を求めるというものだ。また「軍事作戦」と呼ばれるものもあり、詐欺師は兵士を装って女性と親しくなる。数週間、数ヵ月間ほど関係を築いた後、自分が会いに行けるよう兵役休暇を申請してほしい、正式な軍関係の書類のように見える書類に記入してほしいと、相手に求める。この時にかかる手数料は、後で返金すると約束。なかには、医薬品代を要求するケースもある。

 また恋人を探している人たちを危険なWebサイトに誘導する詐欺もある。最近の例では、Match.comをターゲットにしたKoobfaceワームが挙げられるとしている。他のユーザーから送信されたように見えるメッセージを送信することで、写真やビデオなどをサイト上で見るよう招待。ユーザーがログインしようとすると、ユーザー名とパスワードを記録し、トロイの木馬をインストールするものだ。

●バレンタインは標的になりやすい

 電子グリーティングカードを利用したもある。詐欺師は、危険なメッセージや電子グリーティングカードを送るのに、祝日や記念日などが最適な時期であることを知っており、バレンタインデーも狙われやすい。「最高のバレンタインデーギフト」などといった件名のスパムメッセージには、個人情報の入力を求める危険なWebサイトへのリンクなどが組み込まれていることが多く、電子カードのように見せかけて、実際にリンクをクリックするとPCにマルウェアがダウンロードされるというケースも存在する。

 マカフィーでは、恋愛詐欺は既に数多く確認されているが、バレンタインデーには通常以上の恋愛詐欺が見られるだろうと予測。被害に合わないために、出会い系サイトに会員登録する際は有名なサイトを選び、登録した後はしばらくの間、名前を明かさないこと。プロフィールは慎重に作成し、いかなる状況下でも、氏名、住所、電話番号などの個人情報を絶対に投稿しない。初めて相手に会う際は公共の場所で会い、自宅の住所は決して教えないなど忠告している。

バレンタインに注意!ネット詐欺のあの手この手

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース