都内でモバイルWi-Fiルータ搭載タクシー820台が走る!

自動車 テクノロジー ネット

 東京無線協同組合は3日、NTTドコモの「モバイルWi-Fiルータ」を搭載したタクシーの運行を、都内にて開始した。当日は、タレントの藤本美貴がリーダーを務めるキャンペーンガール「ツナガール」の5名で、Wi-Fi搭載タクシーの出発式が行われた。

 タクシーへのWi-Fiルータの搭載は、乗客に向けたサービスで、「モバイルWi-Fiルータ」のプロモーションとして実施される。今回、東京無線協同組合が保有する約820台の黒塗りタクシーに同社の「モバイルWi-Fiルータ」が搭載された。タクシーの運行区域は都内となっており、運行期間も2011年3月31日までの期間限定。820台のうち100台には車内にソニーの『PSPgo』が用意される。

 Wi-Fi搭載タクシーの見分け方だが、通常のタクシーとの外観上唯一の違いは、後部座席の窓に貼られた赤いステッカーが目印となる。実際のタクシーでの利用方法は、Wi-Fi搭載端末にID「docomowifi」、パスワード「dwifi」を入力すれば、無料でWi-Fi環境を利用することができる。

 ドコモでは、無料で利用してもらうことで、モバイルWi-Fiルータの利便性と、FOMAネットワークの通信品質を体感してもらうことを目的としているという。さらに同サービスの提供開始にあわせてキャンペーンサイトもオープン、今回の出発イベントを皮切りに日本全国へWi-Fi化計画を推進していくとしている。
《椿山和雄@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集