【新聞ウォッチ】トヨタ、インド向け90万円の小型戦略車、高いか?安いか?

モータースポーツ/エンタメ 出版物

インド向けの新型車 エティオス 発表
  • インド向けの新型車 エティオス 発表
  • Takayanagi代表取締役 高柳力也氏と「ミルイラ」
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2010年12月2日付

●特別枠「高評価」2.2兆円、政府、予算1.3兆から2兆に増額案、新卒就職支援=A、高速道無料化=B(読売・1面)

●新車販売30%減、先月(読売・2面)

●インド向け小型車続々、トヨタ、ホンダ90万円台で(読売・8面)

●GM「ボルト」米で発売へ、PHV、再建の試金石に(読売・8面)

●あなたが選ぶ10大ニュース2010年応募の手引(読売・14,15面)

●「ゲゲゲの~」流行語大賞に(読売・10面)

●石綿被害、ホンダに賠償命令、東京地裁、自動車関連で初(読売・38面)

●浜松発クラシックEV、地元企業が開発(朝日・13面)

●ヤマダ電機とEV販売契約、三菱自「アイ・ ミーブ」(朝日・13面)

●スカイマーク「日航退職470人採用」国際線経験者、待遇は切り下げ」(毎日・2面)

●高速無料化最大1200億円、来年度予算、対象区間現状維持へ(産経・11面)

●日産、九州を主力工場に、小型車も生産国内100万台維持、海外製部品倍増 円高下で競争力(日経・1面)

●トヨタ、中国販売11月17%増(日経・9面)

●ガソリン価格5週ぶり上昇(日経・9面)

●トヨタ、旧GMを提訴、合弁工場の費用分担争点(日経・10面)

●昭和電工、2200億円投資、レアアースなどに重点、11~13年(日経・11面)

ひとくちコメント

ホンダに続いてトヨタ自動車も新興国向けに新たに開発した小型車『エティオス』をインドで発表した。エティオスは排気量1.5リットルのセダン型で、最低価格は49.6万ルピー(約90万円)。ホンダが一足早くバンコクで発表した『ブリオ』も90~110万円程度の低価格車。両社とも急成長するインドの小型車市場で巻き返しを狙うという。

きょうの各紙をみると、読売が「インド向け小型車続々、トヨタ、ホンダ90万円台で」と大きく報じているのをはじめ、日経も「トヨタ、インドで戦略車、小型、最安は90万円」、朝日も「100円カー、アジア照準」、毎日と産経はバンガロール発の共同通信の配信記事で「トヨタ、印で90万円小型車、本格参入」と取り上げている。

各紙とも「90万円」という低価格を強調した記事が目立つが、その価格帯については、インドの所得水準からみると異論も多い。今年の新語・流行語大賞のトップ・テンにも選ばれたジャーナリストの池上彰さん風に表現すれば「いい質問ですねぇ」となる。

例えば、日経はインドの主要小型車と最安モデルの価格帯を一覧表にまとめているが、最も安いのは現地のタタ自動車の『ナノ』で27万円。インド市場で50%近いシェアを持つスズキの『アルト』は58万円。日産の『マイクラ』は75万円。米GMもフォードも60万円台である。

現地での記者会見で豊田章男社長は「多くの人にトヨタ品質を味わって欲しいとの思いで、5年かけて開発した」(朝日)と語ったそうだが、品質を最優先にしたことで、ライバルに比べればやや見劣りする価格帯になってしまったのではないか。

もっとも、200万円前後する『カローラ』などに比べれば半値以下。インド市場開拓の戦略車として「高いか?、安いか?」は、現在3%程度のシェアがこの先、どう変化するかどうかを見れば答えが出る。

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集